公務員試験【予備校・通信講座】を徹底的にまとめます(費用一覧あり)

講座公務員試験

どんな予備校・通信講座があるの?

正直、どれくらい費用がかかるの?

わかりやすい予備校まとめがみたい!

こんなことがわかります
  • 予備校・通信講座の特徴がわかる
  • 予備校・通信講座の費用がわかる
  • 合格者の体験記・口コミがわかる
  • 割引やキャンペーン情報がわかる

予備校を比較したいのに、わかりやすいまとめがない!

自分でちゃんと比べた上で、予備校や通信講座をえらびたい人用に、大手の専門学校から、コスパの高いWeb講座まで、徹底的に紹介します。

記事の最後に、割引・キャンペーンが受けられる講座一覧のおまけもついています。

スポンサーリンク

公務員試験の予備校・通信講座まとめ

LEC東京リーガルマインド

費用のやさしさ

★★☆☆☆

サポートの充実さ

★★★★★

実績

★★☆☆☆

特徴
  • えらべるコースが豊富なので、自分に特化した勉強ができる
  • 担任の先生がいるので、質問・相談がしやすい
  • ライブ配信など、コロナ対策もしっかり行っている
  • 無制限に面接対策ができるので、近年の面接重視の試験に合っている
  • 人気・実績ともにあるので、安心できる
  • それなりに費用がかかる

1.5年パーフェクトコース(2022年度)

費用通信:385000円 → 285000円(税込)
通学:390000円 → 290000円(税込)
期間1.5年ほど
場所Web・全国各所
対応国税・財務・労基は非対応
裁判所・警察官・消防官は一部対応
それ以外は対応
備考9/30まで10万円
10/31まで5万円
11/30まで1万円割引

2年パーフェクトコース(2022年度)

費用通信:465000円(税込)
通学:470000円(税込)
期間2年ほど
場所Web・全国各所
対応国税・財務・労基は非対応
裁判所・警察官・消防官は一部対応
それ以外は対応

1.5年パーフェクトスペシャルコース(2022年度)

費用通信:445000円 → 345000円(税込)
通学:450000円 → 350000円(税込)
期間1.5年ほど
場所Web・全国各所
対応警察官・消防官は一部対応
それ以外は対応
備考9/30まで10万円
10/31まで5万円
11/30まで1万円割引

2年パーフェクトスペシャルコース(2022年度)

費用通信:535000円(税込)
通学:540000円(税込)
期間2年ほど
場所Web・全国各所
対応警察官・消防官は一部対応
それ以外は対応

LECは、たくさんの受験生を合格に導いた、超大手の予備校です。

各試験のどれにも特化できるカリキュラムが設定されていて、点を取りこぼすような不安がありません(上記コース以外にも、国税・財務併願コース、市役所コースなど豊富にあります)。

担任の講師がつくので、個別にサポートが受けられます。試験について聞ける友達が周りにいなかったり、質問が恥ずかしい人にとって、安心できます。

面接・ES・論文にも対応しているので、スキがありません。大手らしく筆記試験以外もしっかり固めています。

実績もしっかりしていてで、毎年3000-5000人以上の合格者を出しています。

(前略)公務員について全く知識がありませんでした。そんな私に、LECの職員の方や先生方は、公務員と民間の違い、国家公務員と地方公務員の違い、また試験に向けた勉強方法など1から丁寧に教えてくださいました。面接対策も充実しており(中略)実際の面接練習を無料で何度も利用できたりして、とてもありがたかったです。(中略)おかげで合格することができました。

1.5年コースは秋までの申し込みで、最大10万円の割引が無条件につきます

期間内だと相当安くなるので、費用をおさえつつ、ちゃんとした予備校にいくことができます。

「せっかく予備校に入るんだから、費用が高くても、ちゃんとしたところがいい」という人におすすめです。

伊藤塾

費用のやさしさ

★★☆☆☆

サポートの充実さ

★★★★★

実績

★★★★☆

特徴
  • 政策討議演習・専門記述対策など、国家総合職に強い講義が多い
  • 法律科目が強く、わかりやすい
  • えらべるコースが比較的多く、自分に特化した勉強ができる
  • 勉強期間が、1-3年でえらべる
  • 通学するなら、地域が限られる
  • 国家総合までカバーすると、費用が高くなる

2020年開講 国家総合職+国家一般職・地方上級コース

費用通信:580000円(税込)
通学:580000円(税込)
期間1-3年で選べる
場所Web・東京・京都・大阪
対応国税・財務・労基は一部対応
裁判所・警察官・消防官も一部対応
それ以外は対応
備考7/31まで最大10万円割引キャンペーンあり

2020年開講 国家一般職+地方上級コース

費用通信:292000円(税込)
通学:292000円(税込)
期間1-3年で選べる
場所Web・東京・京都・大阪・愛知
対応国総・国税・財務・労基は一部対応
裁判所・警察官・消防官も一部対応
それ以外は対応
備考7/31まで最大6万円割引キャンペーンあり

伊藤塾は、国家総合・法律科目に強い予備校です。

政策論文・官庁訪問対策などの講座の評判がよく、国家総合を受ける人にとてもおすすめです。司法書士や行政書士の試験に強い塾なので、伊藤塾ならではのノウハウがつまった授業が受けられます。

受験生が知っておくべき試験情報も、本番ギリギリまで知らなくて焦る、なんてことが意外に起こります(本当によく)。ですが伊藤塾は、自分で調べることなく講義で得られるつくりです。まちがいがおこらないカリキュラムになっています。

LECと同じく大手なので、授業や面接、ESや省庁研究サポートなどのレベルが高いのも安心です。

価格は高めですが、それでも納得する人が多いようです。

・伊藤塾は法曹志望の友人が多く利用していたため、法律学習については安心感がありました。また、内定にフォーカスを当てており、官庁訪問を重視していた私にもっともあっていると思ったため入塾を決めました。
官庁訪問直前の講師カウンセリングのアドバイスをもとに、嘘偽りのない自分の言葉で志望動機を組立て、官庁訪問に臨むことが出来ました。

・個別カウンセリングが充実。安心して勉強に取り組め、時間がない中でも十分な対策ができました。

・伊藤塾は普通の講義に加え、二次試験対策も充実。ありがたかったです。

・市販の教材は一切手をつけなくとも、十分に本試験で結果を残せました。

こちらも期間限定で、最大15万円割引のキャンペーンを行っています。国家総合を狙う人に、とくにおすすめできる予備校です。

アガルート

費用のやさしさ

★★★★★

サポートの充実さ

★★★☆☆

実績

★★★☆☆

特徴
  • カウンセリング・勉強会など、受験生にやさしいイベントが多くある
  • サンプル講義・テキストが沢山あるので、予備校えらびに失敗しにくい
  • 1科目から講座を受けられるので、苦手な分だけを補える
  • 内定すると全額返金されるので、受かれば超コスパがよい(規程あり)
  • 割引・キャンペーンが豊富で、費用をおさえやすい
  • サポートは、大手と比べると少ない

地方上級・国家一般職+専門職・裁判所カリキュラム

費用通信:308000円 → 235400円(税込)
期間1年ほど
場所Web
対応国総・警察官・消防官は非対応
それ以外は対応
備考内定で全額返金+3万円獲得
10/30まで約7万円割引
大学生は5千円割引

地方上級・国家一般職カリキュラム

費用通信:240900円 → 202400円(税込)
期間1年ほど
場所Web
対応国総・国税・財務・労基は非対応
裁判所・警察官・消防官も非対応
それ以外は対応
備考内定で全額返金+3万円獲得
10/30まで約4万円割引
大学生は5千円割引

アガルートは、2015年から開講した、オンライン中心の資格予備校です。

開講からまもない分、地方上級・国家一般職カリキュラムなど一部のコースで、内定+インタビューを受けると、全額返金という破格なキャンペーンをしています(全額レベルの返金は、ほかの予備校ではちょっとみかけません)。

公務員試験は、他の国家資格のように、合格率数%みたいな世界ではないので、かなりの確率でこのキャンペーンが適用されうるでしょう。

短所もあります。全額返金キャンペーンを受けるには、①内定通知書データの提出、②合格体験記の提出、③記述式試験再現の提出、④面接・官庁訪問再現の提出、⑤合格者インタビューのご出演、とけっこうやることがあります。それが苦でないなら魅力的です。

テキストがわかりやすいと評判で、サポートについては中堅予備校と、さほどかわりない質です。

実際に講座を受けた人も、しっかり点数をとることができています。

・(数的処理のテキストの)解法ポイントがまとまっており,会場に着くまでの電車の中で読んでいました。テキストがボロボロになるまで使いました。本番の数的は総合職で8点,一般職で10点を取ることができました。

・(前略)本番を想定して模擬面接を行い,課題点など的確にご指導頂いたので本番までに調整して万全の体制で挑むことが出来ました。本番と同じ緊張感で行えたことが大きかったです。(後略)

またアガルートは、1科目から講義を受けることもできます。各費用は以下の通りです。

文章理解対策講座20,000円+税
数的処理対策講座25,000円+税
社会科学対策講座10,000円+税
人文科学対策講座20,000円+税
自然科学対策講座18,000円+税
憲法対策講座12,000円+税
民法対策講座19,000円+税
行政法対策講座15,000円+税
ミクロ対策講座14,000円+税
マクロ対策講座14,000円+税
他、多数あり

こちらもアウトレット価格で3割引になるものが多数です。お金にあまり余裕ないという受験生におすすめです。

クレアール

費用のやさしさ

★★★★★

サポートの充実さ

★★☆☆☆

実績

★★☆☆☆

特徴
  • 1回の講義動画が細かくセクション分けされていて、復習しやすい
  • 費用が安い
  • 資料請求時に教材がもらえるので、予備校えらびに失敗しにくい
  • えらべるコースが多く、自分にあった勉強ができる
  • 面接・論文対策などの回数・日程が限られている
  • サポートは、大手と比べると少ない

10ヵ月合格 行政系公務員併願総合コース

費用通信:270000円 → 209500円(税込)
期間10ヶ月ほど
場所Web
対応国総・労基・警察官・消防官は非対応
それ以外は対応
備考7/31まで約6万円割引
他校や他講座から編入で30%割引

10ヵ月合格 地方上級(全国型)コース

費用通信:270000円 → 209500円(税込)
期間10ヶ月ほど
場所Web
対応国一・地上・市役所のみ対応
備考7/31まで約6万円割引
他校や他講座から編入で30%割引

2022年合格目標 行政系公務員2年合格コース

費用通信:300000円 → 237000円(税込)
期間2年ほど
場所Web
対応国総・労基・警察官・消防官は非対応
それ以外は対応
備考7/31まで約6万円割引
他校や他講座から編入で30%割引

クレアールは、アガルートと同じくオンライン中心の資格予備校です。

Web講義・PDFテキスト・オンライン面接・ES添削と、標準的な通信講座の内容がすべて入っています。

カリキュラムは、広科目の講座から解法の裏技講義まで、得点のとりこぼしをしないようなつくりです。

評判としては賛否両論で、「手厚かった」というよい意見や、「ここ読んどいて」が多かったという厳しい意見もみかけます。

・大学の講義や研究室などでのゼミなど、予備校に通いながら勉強していく時間は中々確保することが出来ませんでした。そこで、通信講座をえらぶことにしました。(中略)クレアールでは充実した講義内容以外に、過去問題集の解説や論文の添削、面接対策なども面倒を見て頂きました。(中略)担任制という手厚い指導も良かったです。

・講師によって、授業の分かりやすさが異なった。

・「ここ読んどいて」は確かにある。

クレアールは、資料をもらう時にDVD+テキストがもらえます。キャンペーンを活用することで、とくに費用がおさえられる予備校なので、資料で様子をみてみるとよいかもしれません。

割引・キャンペーンが受けられる予備校・通信講座まとめ

割引額期限
LEC:1.5年パーフェクトコース100,000円2020/7/31
LEC:1.5年パーフェクトスペシャルコース100,000円2020/7/31
伊藤塾:国家総合職+国家一般職・地方上級コース100,000円(最大)2020/7/31
伊藤塾:国家一般職+地方上級コース60,000円(最大)2020/7/31
アガルート:地方上級・国家一般職+専門職・裁判所カリキュラム72,600円
全額
30,000円
2020/10/31

アガルート:地方上級・国家一般職カリキュラム38,500円
全額
30,000円
2020/10/31

クレアール:10ヵ月合格行政系公務員併願総合コース60,500円2020/7/31
クレアール:10ヵ月合格 地方上級(全国型)コース60,500円2020/7/31
クレアール:2022年合格目標 行政系公務員2年合格コース63,000円2020/7/31
タイトルとURLをコピーしました