【保存版】公務員・公務員試験とは何か。1記事で基本が分かる

公務員試験を解説する人たち公務員試験

公務員って何ですか。どうやってなればいいの?

公務員とは何か、公務員試験についてなど、現職の公務員がお答えしますよ。

  • 公務員とは何かがわかる
  • 公務員になる方法・流れがわかる
  • 公務員試験の内容・難度がわかる

当サイトは、国家公務員である土井まさひろさん(仮名)の協力のもと、公務員試験の国家一般職に合格するまでのステップをロードマップ化したものです。

国家公務員 本サイト監修

某省庁の国家公務員。アガルートの地方上級・国家一般職+専門職・裁判所カリキュラムを使い、600時間で国家一般職に合格した。公務員試験を受ける大学生に向けて、合格するための有益な方法を、経験談を混ぜてレクチャーしている。

国家一般に限らず、国家総合、地方上級などの合格法もしっかり解説しています。

まずはロードマップの一番はじめ公務員試験の基本情報を知るから、公務員になるための第一歩を踏み出しましょう。

スポンサーリンク

公務員とは何か

公務員とは、国民に対して働く、国や地方公共団体などの職員です。営利を目的とせず国民の生活と社会の維持、発展を目指します。

公務員の仕事は民間企業と比較すると分かりやすいでしょう。

公務員民間企業
概要国や地方公共団体などの職員。営利を目的とせず国民に対して働く会社の利益を追求するための組織。モノ・価値・サービスを提供し対価を得る
長所安定した収入が見込める、休みが多い、福利厚生が充実している、異動・転勤が少ない(総合職を除く)結果次第でより高額な収入が見込める、努力次第でより高待遇な企業に就職・転職できる
指向国や地域との繋がりを感じることで満足感が得られる人、安定第一の人お金を稼ぐことが好きな人、競争や挑戦が得意な人

またこれから紹介する公務員のほとんどは、いわゆる公務員試験・・・・・・・・・の対策を行うことで成ることができます。それぞれ少しばかり試験範囲が異なるので後述します。

いわゆる公務員試験のいわゆる・・・・って何ですか?

多くの職種をカバーできる試験のことをいわゆる公務員試験・・・・・・・・・と呼んでいます。あとでも説明するので安心してくださいね。

公務員の種類

公務員は国家公務員と地方公務員の大きく2つに分けることができます。皆さんがなりたい公務員は、さらに以下のように分かれます。

国家公務員

国家公務員とは国に採用される公務員です。日本の国家機関は内閣、最高裁判所、国会という3つの機関があるため、行政職、司法職、立法職の国家公務員がいます。

行政職

行政職は行政機関で働く公務員です。1府12省庁のほか独立機関のいずれかで働くというわけですね。行政職には、総合職と一般職および専門職があり、試験方式も異なります。それぞれの違いは以下のとおりです。

国家総合職国家一般職国家専門職
概要政策の企画立案などを行う政策を執行するための業務を行う政策が正しく機能するための専門的な業務を行う
異動・転勤全国のさまざまな部署や部局に配属される行政機関による。異動の範囲は狭い。総合職よりも異動の周期が長い異動の範囲は狭い。異動の周期は短い傾向にある
その他昇進が速く、政界に進出することもできる本府省を選んだ場合、総合職とともに国の政策立案に携わることができる外務省専門職員、国税専門官、財務専門官、労働基準監督官などが含まれる

司法職

司法職は、裁判所で働く公務員です。裁判所事務官、裁判所書記官、家庭裁判所調査官など、あらかじめ肩書きが決まっています。

立法職

立法職は、衆議院や参議院などの各局の職員として働く公務員です。

司法職と同じく、衆議院・参議院事務局、衆議院・参議院法制局、国立国会図書館など、あらかじめ採用先が決まっている専門職として働くことになります。

また立法職は、いわゆる公務員試験・・・・・・・・・とは異なる採用試験を実施しています。よって当サイトでは、以後の説明や試験対策についての話を省略します。

みなさんが対策する公務員試験は、立法職などを除くすべての職と互換性があります。先に勉強を始めてから職を選んでも問題ありませんよ。

地方公務員

地方公務員とは地方公共団体によって採用される公務員です。日本の地方自治制度は、原則として市区町村と都道府県とによる二層制を採用しています。

よって地方公務員は都道府県といった広域自治体で働く職員と、市町村などの基礎自治体で働く職員とに分けることができます。

地方公務員はどれも総合職と考えて差し支えありません。

都道府県政令指定都市市町村東京特別区
概要市町村単位では処理が困難な業務や、都道府県全体で統一すべき業務を行う政令指定都市とは都道府県と同格扱いの大規模都市。市町村より広範囲の業務を行う地域住民の住民登録や各種施設の運営管理などといった、基礎的行政サービスを行う東京特別区とは都が管轄するが議会を持つ自治体。政令指定都市と同様、より広範囲の業務を行う
異動・転勤採用された自治体のエリア内での異動あり
その他住民よりも国や市町村、企業を相手とする業務が多い都道府県と市町村と中間くらいのスケール感であるSPIを用いた面接重視の採用を積極的に行う自治体も多い受験時には最大3つの区までを希望できる

その他の公務員について

ほかにも警察官・消防官などの公安系や、高卒向けの国家・地方公務員などもあります。当サイトはいわゆる公務員試験・・・・・・・・・の専門サイトであるため、以後説明を省略します。

大卒予定のわたしが公務員試験で公務員を目指すなら、いろんな選択肢があるということですね。

公務員に対するイメージが湧きましたか。次はいよいよ公務員試験についてですよ。

公務員試験とは何か

公務員試験とは上記で説明した公務員になるための試験です。みなさんが公務員試験を対策する場合、立法職やその他の公務員を除くことが多いです。

なぜなら立法職やその他は、試験対策を行う際に互換性が低いからなんですね。いわゆる公務員試験・・・・・・・・・と呼んでいたのは、そのためです。

ここでもそれにしたがい、いわゆる公務員試験・・・・・・・・・公務員試験・・・・・として紹介していきます。

公務員試験の試験区分

ひとまず受けたい職種がどんな試験方式をとるのか、試験形態をまとめた表をみてみましょう。

教養択一専門択一教養論文専門記述面接その他
国家公務員国家総合官庁訪問
国家一般
外務専門外国語面接
国税・財務・労基
裁判所
地方公務員東京都
特別区
地方上級一部集団討論
市役所

あくまでこの表は目安です。たとえば国家総合には、一部試験を除くかわりに特殊な試験を受ける方式もあります(秋試験と呼ばれます)。詳しくは各種リンク(準備中)をご確認ください。

表の上にある「教養択一」とか「専門記述」とかが試験内容ですか?

そのとおりです。早速それぞれの試験内容を見ていきましょう。

公務員試験の内容

公務員試験は教養択一、専門択一、教養論文、専門記述、面接の5つに分けることができます。それぞれの特徴は以下のとおりです。

教養択一

教養択一は高校の5教科を主な科目とするマークシート方式の問題です。科目は多いですが、出題数が少ないものも多く、ある程度取捨選択して勉強するのが一般的です。

科目ごとの出題数は職種によって異なりますが、おおむね似ています。ここではおおよその配分を知るために、国家一般と地方上級の出題数を例に載せています。

教養科目科目国家一般地方上級
文章理解
(国語・英語)
現代文63
英文55
古文01
数的処理
(算数)
判断推理89
数的推理56
資料解釈31
社会科学政治11
経済13
法律13
時事34
自然科学数学01
物理11
化学12
生物12
地学01
人文科学日本史12
世界史12
地理12
文学・芸術01
思想10
合計5040

専門択一

専門択一は行政・法律・経済系などを主な科目とするマークシート方式の問題です。

国家公務員の試験には選択制が取り入れられています。たとえば国家一般は16科目から8科目を自分で選択します。

専門科目科目国家一般地方上級
行政
政治学52
行政学52
社会政策03
国際関係52
社会学50
法律憲法54
行政法55
民法Ⅰ54
民法Ⅱ5
労働法02
刑法02
経済
ミクロ経済学59
マクロ経済学5
財政学53
経営学50
その他
心理学50
教育学50
英語(基礎)50
英語(一般)50
合計40(8科目選択)40

全職種ごとの配点は次回のロードマップで紹介しますね。

教養論文

教養論文は社会または自己について論述する記述式の問題です。論理的に正しいか、具体性や実現性があるかなどが採点基準となります。

教養論文は出題のされ方によって作文形式か論文形式かに分かれます。

作文形式

与えられた問いに対して、自分の思いや考えを記述します。志望動機や自己PRと重なる部分もあるので、面接での質問に近いイメージです。

例)理想の市役所職員について、あなたの考えを述べなさい。
論文形式

社会・経済問題について、解決策や考えを記述します。国家公務員なら国全体の問題について、地方公務員ならその自治体内の問題についてよく出題されます。事実を根拠に妥当性のある論述ができるかがポイントです。

例)別紙の資料から、男女が平等な雇用機会を得るために、あなたが重要であると考える課題について述べなさい。

専門記述

専門記述は専門択一で挙げた科目内のトピックについて論述する記述式の問題です。出題方式は選択制ですね。専門系の職種を除き、配点が低いために対策を後回しにする方も多いです。

例)労働基本権およびその制限について説明せよ。

面接

面接は受け答えやマナー、人間性や身だしなみなどが適切かどうかを見られる試験です。

面接方式は個別面接、集団面接、集団討論の3つに分かれています。それぞれの特徴は以下のとおりです。

個別面接

個別面接はみなさんが思い浮かべるとおりの一般的な面接です。受験生1人に対して面接官3~5人程度で面接を行います。

集団面接

集団面接は一度に複数の受験生と行う面接です。受験生3~5人程度に対して面接官3~5人程度で面接を行います。回答は席順で行う、挙手で行うなどさまざまです。

集団討論

集団討論では時事問題や各自治体の課題などについて討論します。テーマに対して自分の意見を用紙にまとめ、他の受験生と討論し、集団として結論を出すという流れが一般的です。

こんなにも教養と専門の科目があるなんて!わたしにも対策できるかな…

このロードマップどおりに対策すれば、なりたい公務員になることができますよ。一緒に読み進めていきましょうね。

公務員試験の難易度・勉強時間

公務員試験の難易度と勉強時間は職種によって異なります。違いは以下のとおりです。

難易度勉強時間(時)他資格との難易度比較
国家総合S1200~1500司法試験、公認会計士
外務専門A1000~1200税理士、司法書士
財務・国税・労基
裁判所
地方上級(大都市圏)B800~1200一級建築士、技術士
特別区
国家一般C600~1200中小企業診断士、社会保険労務士
地方上級
東京都
市役所D300~1000行政書士、宅地建物取引士

国家総合などは難しそうですね。

多くの方は資格学校による専用の講座を受けています。教材や講座については手順2で紹介しますよ。

公務員試験の流れ・日程

公務員試験の流れを4つのステップで理解していきましょう。どの職種もおおよそ以下のような流れですが、日程はそれぞれ異なります。

出願一次試験二次試験合否
国家総合(春)3~4月4月5月6月
国家総合(秋)7~8月10月11月12月
国家一般3~4月6月7月8月
国家専門3~4月6月7月8月
地方上級4~6月6月7~8月8~9月
市役所(A日程)5月(目安)6月(目安)7月(目安)8月(目安)
市役所(B日程)6月(目安)7月(目安)8月(目安)9月(目安)
市役所(C日程)8月(目安)9月(目安)10月(目安)11月(目安)
市役所(D日程)9月(目安)10月(目安)11月(目安)12月(目安)
市役所(E日程)10月(目安)11月(目安)12月(目安)1月(目安)

出願

各職の出願期間にしたがって出願します。とくに地方公務員系は日程がよく重なるため、どの自治体がどの日程を採用しているかには注意が必要です。

一次試験

一次試験は筆記試験です。前項で紹介した4つの試験内容(教養択一・専門択一・教養論文・専門記述)はここで行います。

そのあと一次試験の合否が発表されます。合格発表後、少し期間を空けてから二次試験に移ります。

二次試験

二次試験は面接です。面接タイプは職種・自治体によって異なります。併願時にはご注意ください。

そのあと二次試験の合否が発表されます。合格した中から第一希望はどれなのか、あらためて整理しておきましょう。

地方公務員の場合、ここをクリアすると実質合格です。国家総合・国家一般の場合、つぎに官庁訪問をすることになります。

採用面接

採用面接では受験生の意思や、スムーズに職務につくための事項などを確認してもらいます。国家総合・国家一般の場合は官庁訪問と呼ばれ、もう一度合否を分ける面接を受けます。

官庁訪問

官庁訪問はタイトなスケジュールで省庁を周り面接する最後の難関です。実態は面接とかわりありませんが、二週間に渡り十数回もの面接を行うので、より多くの準備が必要となります。

試験前に実施される業務説明会などに出席し、情報収集しておきましょう。官庁訪問を突破すると無事内定となります。

なんとなく全体の流れがわかった気がします!

公務員試験とは何かが分かりましたか。あとはもう少し疑問になりそうな点についてお答えしましょう。

公務員・公務員試験のよくある質問

あとは公務員試験に関する、もやもやした疑問を晴らしていきましょう。

Q
公務員の採用情報って、どう調べたらいい?
A
「自治体名 採用 日程」「職種 採用 日程」などで調べるとよいでしょう。
Tips
以上のように調べると、たいていPDFのリンクが出てきますね。日程、採用人数、勤務地、応募資格、申込方法などがまとめられています。
Q
市役所のA、B日程とかって何?
A
同じ日程で一次試験が行われる自治体をまとめているものです。
Tips
市役所は自治体が多いため、さまざまな日程があります。注意すべき点として、A日程は道府県庁と同日に一次試験を行うため、併願ができません。同じ日程同士での併願も同様です。
Q
勉強が苦手なわたしには、公務員試験って難しい?
A
適切な教材で勉強すれば合格可能です。
Tips
国家公務員のわたしも、しがない地方大卒です。当初数学が壊滅的にできず四苦八苦していましたが、適切な教材で勉強することで苦手を克服することができました。
Q
教材ってどうしたらいい?
A
難易度S~C:通信講座
難易度C~D:市販の教材がおすすめです。
Tips
ほとんどの公務員試験の対策には約20科目の参考書と問題集がそれぞれ必要です。くわえて記述や面接時のセオリーなど、二次試験の対策も同様です。
わたしは国家一般を軸に勉強したため18科目36冊以上の冊子が必要でした。市販の教材でも10万円弱することから、コスト面を精査してアガルートのWeb教材を選びました。
Web教材はパッケージ化されている分、勉強手順や科目の取捨選択を考えなくてよかった点が良かったです。次の記事で詳しく解説します。

公務員試験とは何かのまとめ&次のステップ

  • 公務員とは何か
    → 国家と地方公務員に分かれている
    → 国家3つ、地方4つに細分化できる
  • 公務員試験とは何か
    → 立法職やその他の公務員を除く試験
    → 職種により試験方式、日程が異なる

公務員試験についてよく分かりました。公務員になるために、わたしは何から始めたらいいですか。

合格を左右するのは教材選びとスケジュール管理です。まずは最も大事な教材について詳しく知っていきましょう。

公務員試験とは何かが分かったら、ロードマップの手順2教材を用意するに進んでいきます。わたしが無事試験を合格することのできた教材を、体験談など含めて紹介しますね。

タイトルとURLをコピーしました