公務員になりたい人は何を知ればよい?概要と試験情報をざっくり紹介

公務員試験

公務員ってどうやったらなれるの?

公務員ってどんな種類があるの?

公務員って何を勉強したらいいの?

こんなことがわかる
  • 公務員になる方法がわかる
  • 公務員の種類がわかる
  • 公務員試験の科目・配点がわかる

公務員になるための情報収集って、けっこうめんどくさいです・・・

なので、こまかい部分は後まわしで「とりあえず早く・なんとなく知りたい」という人のための試験情報をまとめます。

「どんな種類があるか・どうやってなるか・何を勉強するか・どうやって勉強するか」という4つの情報をまとめました。

スポンサーリンク

公務員ってどんな種類があるの?

ざっくり言うと、国家公務員と地方公務員の2種類があります。

国家公務員
  • 中央官庁や出先機関で働く
  • 同レベルでは地方より給料が高い
  • 転勤が多いのもある
地方公務員
  • 県庁や市役所で働く
  • 同レベルでは国家より給料が低い
  • 転勤が少ない・ない

さらに、それぞれ総合職・一般職・専門職と分かれています

一般職・総合職・専門職とは
  • 一般職 → 組織でサポート的に働く職種
  • 総合職 → 組織の中核として働く職種
  • 専門職 → 専門的な資格を持って働く職種

私たちが、なんとなく公務員試験といっているのは、だいたい一般職・総合職の試験のことが多いです。

こまかな種類がみたい人は、こちらを確認します。
▶︎ 公務員の種類(職種)と仕事内容(外部リンク)

公務員ってどうやってなるの?

公務員になるには、公務員試験を受けます。

公務員試験は、筆記・面接・論文・グループディスカッションなどを行います。

公務員になるポイント
  • 公務員試験を受ける
  • 筆記・面接・論文・グループディスカッションなどがある

すべて通過することで内定がもらえ、はれて公務員になれます。

公務員試験って何を勉強したらいいの?

note

公務員試験は、なりたい公務員の種類によって、試験内容やレベルがことなります。

種類ごと試験の略称
  • 国家一般職 → 国家一般[大卒][高卒]
  • 国家総合職 → 国家総合
  • 都道府県・政令都市総合職 → 地方上級
  • 都道府県・政令都市一般職・専門職 → 地方中級
  • 市役所総合職 → 市役所上級
  • 市役所一般職 → 市役所中級
  • など

上記の試験は、「公務員試験」と書かれたテキストでしたら、だいたい同じもので、勉強することができます。問題集は、各試験に特化したものをえらびます。

続いて、各筆記試験のレベルです。

国家総合はむずかしく、くらべて中級系の試験はやさしいです。

各筆記試験のレベル
  • 国家総合 > 一部専門 > 国家一般[大卒] > 地方上級 > 市役所上級 > 国家一般[高卒] > 地方・市役所中級

続いて、各試験ごとの、勉強する科目と配点です。

科目は、英語・数学などの教養科目と、憲法・経済学などの専門科目があります

今回は、受験者のおおい、国家一般と地方上級を紹介します。ほかの試験も、科目と配点に、大きなちがいはありません(国家総合などをのぞく)。

国家一般(教養)
数的推理5
判断推理8
資料解釈3
現代文6
英文5
時事3
政治1
経済1
法律1
物理1
化学1
生物1
日本史1
世界史1
地理1
思想1
合計40
国家一般(専門)
憲法5
民法15
民法25
行政法5
ミクロ経済5
マクロ経済5
政治学5
行政学5
財政学・経済事情5
経営学5
国際関係5
社会学5
心理学5
教育学5
英語(基礎)5
英語(一般)5
合計40(選択解答)
地方上級(教養)全国型
数的推理8
判断推理8
資料解釈1
文章理解(国語)3
文章理解(英語)5
社会5
政治1
経済2
法律4
数学1
地学1
物理1
化学2
生物2
日本史2
世界史2
地理2
合計50
地方上級(専門)全国型
憲法4
民法4
行政法5
刑法2
労働法2
経済原論9
政治学2
行政学2
財政学3
社会政策3
経営学2
国際関係2
合計40

各試験の配点がみたい人は、こちらを確認します。
▶︎ 公務員試験ガイド(外部リンク)

一部自治体では、専門科目が行われない・選択式になっています。また、SPIを導入しているところもあります

最近は、新教養試験として「教養1〜4」「Standard、Logical、Light」という風に、対象者や難易度で区分しています

こちらは、各自治体によりますので、省略します。

論文・面接・討論の方法・有無なども、自治体によってことなります

何を勉強するかのまとめ
  • 教養科目と専門科目を勉強する
  • 勉強する科目は大きく変わらない
  • 論文・面接・討論などの対策は、受けたい試験ごとに確認する

公務員試験ってどうやって勉強したらいいの?

具体的なスケジュール・勉強法・参考書を紹介します。

公務員試験の勉強スケジュール

schedule

上図は地方上級を基本とした、勉強スケジュールです。国家系などは、勉強配分を専門科目よりに変える必要がありますが、おおむねこのイメージです。

中級系(高卒程度)は、その他科目をのぞく、教養科目のみ(グラフ青色)を勉強します。

公務員試験の勉強法

▶︎ 文章理解(英語)
▶︎ 数的処理(数的推理・判断推理・資料解釈)
▶︎ 人文科学(日本史・世界史)
▶︎ 憲法・民法・行政法
▶︎ ミクロ・マクロ経済学

公務員試験の参考書

▶︎ 文章理解
▶︎ 数的処理
▶︎ 人文科学
▶︎ 自然科学
▶︎ 社会科学
▶︎ 憲法
▶︎ 民法
▶︎ 行政法
▶︎ 政治学
▶︎ ミクロ・マクロ経済学
▶︎ 時事問題
▶︎ 面接
▶︎ 論文
▶︎ SPI

試験の雰囲気をつかみたい人は、一度勉強することをおすすめします。

公務員について、ざっくり知ることができました。今回は以上です。

タイトルとURLをコピーしました